いざというときの防災知識

マイレットs100・s500・miniなどを使ってみた口コミや評判は

2021/04/12
 
トイレの香水の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

災害用トイレセットのマイレット・口コミや評判、使用期限は?

災害用トイレセットのマイレットシリーズとはなにか、人気の理由、種類(s100・s500・wr100・p300・mini10・mini50・T50・T100)の違いと価格、使ってみた人の口コミや評判などを紹介します。

「マイレット」は大阪府岸和田市に本社を置く「まいにち株式会社」が開発販売をしている、大小兼用の災害備蓄トイレです。

水を使わず、抗菌性凝固剤を振りかければトイレ処理ができて臭わないという高品質商品です。

災害備蓄トイレはさまざまあり、安い商品に比べて高品質の商品は「保管したときの臭い」が気にならないように処理剤や持ち運び用の袋が工夫されています。

記事の最後に他社製品も紹介していますが、マイレットは他社の高品質の災害備蓄トイレと比べて突出した品質というわけではありませんが、

・使用期限は長期10年保存が可能 (直射日光や高温多湿を避けて保管した場合)

・内閣府をはじめとした各省庁、警察関係、地方自治体などの納入実績が高いので信頼性がある

・小容量から大容量まで種類が豊富にあるので、ニーズに合わせて選べる

これらの点から、家庭、一般企業、ホテル、地方自治体などでも人気となっています。

また、自社の防災専門サイトがあり、マイレットだけでなくトイレ周りの防災商品やレスキューテントとのセットが揃うという点でも強みがあるようですね。

マイレットの種類(s100・s500・wr100・p300・mini10・T50など)の違いと価格

マイレットの種類について解説します。ミニシリーズはドライブなどの緊急事態に備えるための数回使用を目的としているものです。

同じシリーズでもmini-2αでは目隠しポンチョがついていて、アウトドアや山間部といった場所でのトイレニーズが考慮されています。

Sシリーズは本格的な災害に備えて、家族や企業が多めに用意しておく場合に向いています。

ちょっと変わっているのが、WR-100。特殊加工で水没しても使えるトイレ処理セットです。中身は同じですが、水没、湿気に強い耐水仕様ということで、水没した場合の箱の強度に違いがあります。

通常の箱では水没後に上から重い物が落ちてきたら潰れて使えなくなりますが、1週間後でも耐荷重30kgというメリットがあります。

住まいが海や河川に近い場合、マイレットが水没する危険がありますね。また、そのような場所でなくても箱がつぶれた場合、中身が破損することも考えられます。

通常のマイレットシリーズは特殊加工の箱には入っていないので、間違えて購入しないように注意しましょう。

実際にこの後に紹介する口コミや評判のコメントでも、間違えて購入してしまったという方も見かけました。特殊加工機能は「WR-100」だけなので、気をつけてくださいね。

それぞれの価格は2021年4月12日時点での大手通販の最安値価格を記載してあります。

マイレットの種類 大手通販の最安値価格
(2021年4月12日時点)
特徴
mini-1 税込180円ほど トイレ処理セット1回分。
mini-2 税込530円ほど トイレ処理セット2回分・ミニ便器・ポケットティッシュ付き。
mini-2α 税込1,000円ほど トイレ処理セット2回分にミニ便器、ポケットティッシュ、目隠し用トイレポンチョ付き
mini-10 税込1,700円ほど トイレ処理セット10回分入り。ポケットティッシュ、持ち運び袋付き。
ケアmini-10 税込2,000円ほど 介護用。mini-10と中身は同じで、箱デザインが明るいイラスト。
S-100 税込12,000円ほど トイレ処理セット100回分入り。大型外袋、使用方法ポスター(4か国語)付き。
S-500 税込56,000円ほど トイレ処理セット500回分入り。大型外袋、使用方法ポスター(4か国語)付き。
WR-100 税込18,000円ほど 特殊加工で耐荷重30kg。水没しても使える。100回分入り。大型外袋、使用方法ポスター(4か国語)付き
P-300 税込38,000円ほど トイレ処理セット5回分のパックが60個入り。小分け包装で配布しやすいのが特徴。
T-50 税込8,000円ほど 工事現場用トイレ処理セット50回分入り。
T-100 税込1,4000円ほど トイレ処理セット100回分入り。大型外袋、使用方法ポスター(4か国語)付き。

P-300は小分け包装なのでイベントなどで配布しやすいのが特徴。T シリーズは工事現場用のトイレ処理セットです。

マイレットを使ってみた人の口コミや評判

マイレットを使ってみた人の口コミや評判を調べてみました。まずはマイナス評価を指摘する感想をあげてみます。

あくまでも、記事をアップした2021年4月12日の段階ですが、 星五つ評価のうち、楽天では4.46、 Amazon では3から4の間といったところです。

とはいえ、評価でマイナスになっているのは「まだ未使用のため評価できない」といった理由がほとんどなので、商品に対しては マイナス要素は数少ないですね。

「水没対応包装ではないものだったのが残念(管理人注・水没対応はWR-100)
「他にも安い商品はたくさんあったが、使用期間は長いほうを選んだ。値段は高め」
「10年のはずなのに9年程度しか消費期限が無い。古い商品を送って来た」

古い商品だったというのは販売店の責任なので、購入前に販売店の評判そのものもしっかりと確認する必要がありますね。

支持するレビューは以下の通りです。まずは使ってみた人の評判です。

「子供の検尿のときに試しに使ってみた。使い方もとてもシンプルで、100回分セットのわりにコンパクトにまとまっているので保管もしやすい」
「キャンピングカーのカセットトイレを使用しない時に代用として使用している。黒いビニール袋なので使用した後中身が透けず、凝固剤もしっかり効いている」

未使用ながら、評価の高い人の口コミはこちら。

「(他社の)ビニール袋に入っているタイプよりも、コンパクトな段ボールなので収納に便利」
「家族4人なので、取り敢えず災害用トイレと一緒に購入」
「マンションの防災用に追加注文。防災訓練で使用方法をこちらの簡易トイレで説明している」
「使用期限が10年で、非常食と違って期限間近になっても使えないが、もしもの事を考えると家族5人で100回分は安心できる数」
「あるところで推奨されていた。100回分でも比較的コンパクトな箱で収納にも場所を取らない。使用方法はポスターに書かれていて見やすい」

ポスターがついてくるのは100回分からですのでご注意を。

口コミ評価を総合すると、マイレットの性能には満足しているものの、価格が高いという点。数は少ないようですが販売店によっては消費期限が短いものを送ってくるというケースもあるようです。

防災セットは専門店でなければという方は、マイレットの直営サイト

購入に際して絶対に失敗したくないという方は、価格はともかくとして間違いのないようにメーカー直営のサイトから購入する方も多いようですね。

防災セットは専門店でなければという方のために、メーカー「まいにち株式会社」が運営している「マイレット」のサイトを紹介しておきましょう。

まいにち株式会社の「マイレット」

当サイトで紹介している、そのほかの災害備蓄トイレの情報はこちらです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

Copyright© 家庭の備えと防災対策 , All Rights Reserved.