いざというときの防災知識

ペットボトルで携帯トイレ・災害や車中泊などで女性子供にもおすすめは

2020/09/05
 
交通渋滞の画像
この記事を書いている人 - WRITER -
防災研究隊
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

ペットボトルで携帯トイレ・災害や車中泊などで女性子供にもおすすめは

ペットボトルに付けて使うタイプの携帯トイレは、災害時の防災対策だけでなく、車中泊、長距離ドライブ、キャンプ、釣り、介護、頻尿対策などにも幅広く役立ちます。

男性用は知られていましたが、最近は女性や子供用におすすめできる携帯トイレのアタッチメントが販売されているので紹介しましょう。

ペットボトルにつける携帯緊急トイレは、基本的に「小」のためのものです。でも、男性用として販売されているものは立って使うことを想定しています。

では、この仕様で女性や背の低い子供が使うとどうなるでしょうか。

ペットボトルに付ける緊急トイレ、女性や子供の問題点

とくに女性が使うなら、しゃがんで用を足すことになりますから、縦に長いペットボトルを持ちながらしゃがむというのはとても不安定なんですね。

また、しゃがんだ体制では床にペットボトルがつっかえてしまいます。

そして、通常の携帯トイレでは受け口も小さめなので不安にもなります。子どもが使うときにも、使いづらければこぼしてしまいかねませんよね。

それが、最近はこちらの商品のように受け口が広く、しゃがんでも斜めの態勢で使えるものが販売されています。

女性子供にもおすすめの携帯トイレは斜めに使えること

こちらが今日現在、比較的人気のある携帯トイレのアタッチメントで、500mlの容量のペットボトルが使えます。

また、キャップ部分が500mlのペットボトルと同じ大きさの1L、2Lボトルも使えます。

使い方は携帯トイレのジョイント部分に空のペットボトルをとりつけるだけ。あとは本体部分の受け口に用をすませます。

受け口の部分が狭いと不安ですが、広くなっている製品なら安心して使えますね。

人気商品の価格・口コミ評価は?

上で紹介した人気商品の安い価格帯は、今日現在1個700円くらい。

2個セットが売れているのは、家族で出かけた際に複数あったほうが安心という理由でしょうか。

実際に購入した方の口コミ評価を調べてみました。まずはマイナスポイントとなる点をあげてみます。

「使う側の立場で作成していないなという使用感(70代以上・男性)」
「未使用だが、構造上仕方のないこととはいえ、出口部分の径が小さいので勢いよくすると溢れて逆流しないかと気になる」
「まだ、使っていない。デザインはいいが、ペットボトルに入れる排出口が小さい。年配者はいいと思うが、若者は溢れる可能性がある」

支持するレビューは以下の通りです。

「フィッシングボートで釣りしてる時、これからは堂々と湖の真ん中で出来る」
「長距離ドライブの非常時のために購入。思っていたよりしっかりとペットボトルにはまる」
「これからキャンプで使いたい」
「トラック運転手だが、トイレが少ないところに並んだりするので、これは助かる」
「高速道路などの渋滞用に買いました」
「車中泊用に購入。夜中トイレまで行くのが面倒だし、人のいない便所へ行くのは不安があるため」

70代以上・男性という方が、使う側の立場で作成していないという不満があるようです。

ほかでも指摘されているように、ペットボトルにつけるためにアタッチメントの接合部が狭くなっているため、溢れないかという不安につながるようですね。

切羽詰まった状況よりも、余裕をもって済ませられるようになるべく早めに使いましょう(笑)。

介護用、療養の尿瓶では使いにくいという方、車イス生活をする方、頻尿傾向にある方などのために使いやすさに重点を置いた携帯トイレもあります。

一般的な製品では使いづらいという方はこちらも検討してみてくださいね。

また、ペットボトル型ではなく、女性や子供にもおすすめの簡易トイレをほかに紹介していますので、こちらを参考にしてください。

ペットボトルの携帯トイレで起きている問題

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、ペットボトルに付ける携帯トイレでは深刻な問題が起きています。

携帯トイレを使うこと自体はなにも悪いことではありませんが、一部の人たちが路上に使用済みのペットボトルを投げ捨てているという問題が起きているんですね。

中身が飛び散ることもあり、清掃職員の方に多大な迷惑をかけるだけでなく、知らずに液体の入ったペットボトルで遊んでしまう子供もいるので、彼らが感染症にかかる恐れも出てきます。

また、路上投棄は廃棄物処理法違反に当たる可能性もあります。

多くのドライバーの皆さんはマナーを守られていると思いますが、どうか緊急時の使用後はきちんと保管して、トイレに持ち帰って捨てるようにしてください。

よろしくお願いいたします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
防災研究隊
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

Copyright© 家庭の備えと防災対策 , 2020 All Rights Reserved.

Translate »