いざというときの防災知識

看護の日5月12日・ナイチンゲール由来の記念日の目的や看護週間とは

 
ナースの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
防災研究隊
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

5月12日は何の日?

看護の日5月12日とナイチンゲールの由来、この記念日の目的や看護週間、看護エピソードの募集とはなにか、コラボしているキティちゃんの情報、ポスターを作る際のロゴやイラストの無料ダウンロード情報などを紹介します。

看護の日とは1990年に旧厚生省により制定された5月12日の記念日です。もともとは国際看護師協会により、1965年に定められた「国際ナースデー」からきています。

この記念日の由来は近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日。ナイチンゲールとはどのような人だったのでしょうか。

5月12日看護の日・由来のナイチンゲールとはどんな人?

1853年から1856年にかけて、フランス・オスマン帝国・イギリスを中心とした同盟軍、サルデーニャと、ロシアとの間にクリミア戦争が勃発します。

ナイチンゲールの画像

ナイチンゲールの銅像

その戦争において、ナイチンゲールは敵・味方の分け隔てなく負傷兵たちへ献身的看護と行い、統計に基づく医療衛生改革を行いました。

ギリシア哲学についても造詣が深く、世界初の宗教系ではない看護学校を設立してことでも知られていて、その功績をたたえて近代看護教育の母と呼ばれています。

記念日の目的と看護週間のイベント

看護の日という記念日を制定した目的は看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合う必要性をアピールしていくことでした。

近年の日本は高齢社会となったため、さらに社会全体で看護の意識を持つ必要性に迫られています。

看護師さん任せではなく、年齢、性別を問わず、だれもが看護の心をもって身近な人をケアしなければ成り立たなくなっているという深刻な背景もあります。

看護の日の5月12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」となり、「看護の心をみんなの心に」のテーマに沿って、関連イベントが全国各地で行われます。

これまでのイベントでは大学病院で「看護の日PR大使」による朗読会やトークショー、キティちゃんとのコラボ撮影会、ナースウェア試着体験など。

また看護週間に健康相談を受け付けたり、看護体験の市民イベントを開いたりする病院もあります。

「忘れられない看護エピソード」の募集とは

イベントでとくに力を入れているのが日本看護協会です。看護週間のイベントの一環として開催されるのが「忘れられない看護エピソード」の募集と表彰です。

介護のイメージ画像

看護職部門と一般部門から応募ができて、受賞作品には賞金・賞品もあります。

看護エピソードを自分でも発表してみたいという方は、2020年の受賞作品のデータが公開されているので参考になります。こちらで確認してみてくださいね。

日本看護協会「忘れられない看護エピソード」の2020年受賞作品など

審査結果は2020年「看護の日」である5月12日に公表されます。過去には受賞作品のドラマ化もありました。

看護の日とハローキティのナースぬいぐるみ

これまで看護の日にはサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」がコラボして記念撮影などが行われてきました。

2021年は記事アップ日の時点では日本看護協会のホームページには告知がありませんが、キティちゃんのイベントに参加したいという方はときどきチェックしてみてください。

このほかにも2020年にはオリジナルデザインの「ナースキティぬいぐるみ2020」が製作されて、「忘れられない看護エピソード」の景品やプレゼント企画にもなっています。

ナースキティちゃんは通販でもぬいぐるみ、ウォッチ、シューズ、サンダル、ボールペン、おもちゃのナースセットなどが人気ですね。

看護の日のポスターに使うイラスト素材やロゴは?

看護の日のポスターをつくるなら、日本看護協会のホームページから「看護の日」のロゴマークがダウンロードできます。

看護の日のロゴマーク画像

ロゴマークは「看護の日・看護週間」関連事業およびその周知に限って使用が可能とのことです。こちらも日本看護協会のホームページからダウンロードして利用できます。

日本看護協会のホームページ

また、オリジナリティを出したい場合は、無料で写真やイラストが使えるサイトもあります。

本サイトでも使わせていただいていますが、広報や教育素材で写真やイラストを使いたいときに便利なのでこちらをチェックしてみてくださいね。

無料イラストなら【イラストAC】

 

この記事を書いている人 - WRITER -
防災研究隊
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

Copyright© 家庭の備えと防災対策 , 2021 All Rights Reserved.

Translate »