いざというときの防災知識

飛沫防止ビニールシートのカーテンやスタンド型・火災の防炎と感染対策

2021/02/11
 
ソーシャルディスタンスのイメージ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

飛沫防止ビニールシートのカーテンやスタンド型・火災の防炎と感染対策

飛沫防止ビニールシートのスタンド型や吊り下げタイプを購入する際には、感染対策だけでなく火災予防のための防炎対策も求められます。

飛沫感染防止シートで起きている問題点を参考にしながら、防炎も含めた選び方を人気商品の口コミ評価なども参考にしながら紹介します。

日常生活において、感染症で注意すべき主な感染経路は接触(経口)感染、飛沫感染、空気感染の3つです。飛沫感染とは咳やくしゃみで飛び散ったしぶき(飛沫)を吸い込むことにより感染するものですね。

新型コロナ感染症(Covid-19)をはじめとするウイルスによる感染症は、飛沫感染や接触感染がおもな感染ルートと言われています。

感染予防でマスクをする女性の画像

そこで感染リスクを低減させる対策として、対面での接客時やオフィスでの打ち合わせ時での飛沫感染防止としてビニールシート、パーテーション、パネル、アクリル板スタンドなどが使われるようになっています。

オフィス・コンビニ・スーパーで使われるビニールカーテンタイプ

オフィス・コンビニ・スーパーで使われる飛沫防止シートは、ビニールカーテンタイプが圧倒的に多いですね。

火が近くにある作業場、飲食店のオープンキッチンなどでは、とくに火災に強い防炎機能が求められます。

実際に商業施設でライターを購入した人が試しに点火したところ、シートに着火する火災が起きたこともあるようです。

そのような状況もふまえて、消防庁では火気使用設備・器具・白熱電球などの熱源となるものの近くには設置しないか、難燃性、不燃性、防炎製品などを使うように呼びかけています。

吊り下げビニールカーテン、3つの注意点

東京消防庁によれば、ビニールカーテンタイプ(沫防止用ビニールシート)の火災予防として、具体的に3つの注意ポイントをあげています。

1.火気や熱をもつ照明器具の近くを避ける
2.消防用設備等に影響がないか確認する
3.防炎性能を有するビニールシートを選ぶ

防炎ビニールシートは非防炎のものもあるので、必ず「難燃・不燃・防炎」表示があるものを選びましょう。

東京消防庁では防炎性能のあるビニールシートとそうでないものの燃焼比較実験もこちらで公開しているので参考にしてください。

東京消防庁・沫防止用ビニールシートの火災予防

火災に強い、飛沫防止シートの防炎タイプとは?

比較的売れている防炎の飛沫防止シートがこちらの「防炎透明ビニールシート 0.3mm厚×幅1370mm×2m切アキレス」。

あくまでも記事アップ日(2021年2月11日)での価格ですが、税込3,300円ほどが安い価格帯となっています。口コミ評価はまだ少ないですが、以下のようなレビューがあります。

「オープンキッチンで火、または高温ライトの場所で使用している。消防法対応で選んだ」
「7センチ多くカットされてて嬉しかった。ライターで燃やしてみたが、燃えなかった」

こちらは靴でもおなじみのメーカー、アキレスの製品なので安心感があります。このほかにもいろいろ販売されているのでチェックしてみてくださいね。

卓上設置タイプは感染防止効果とともにイベント用にも使える

記事アップ日の時点で比較的人気が高いのが、卓上に設置できる「POPスタンドワンタッチ式37-230」。

飛沫感染防止に効果が期待できるだけでなく、イベントのポスターを貼ったりするのに便利なグッズとしても人気なんですね。サイズは以下の通りです。

サイズ:幅250×高さ400~730mm
ベースサイズ:130×130mm
挟み幅最大10mm

こちらの特徴やメリットをまとめると以下の通りとなっています。

・飛沫感染防止用だけでなく、イベント用の卓上スタンドにも使える
・組み立てや分解に工具がいらない
・横幅は変えられないが、高さ調整ができる
・コンパクトにたためるため、使わないときや持ち運びに便利

POPスタンドワンタッチ式37-230の価格・口コミ評価は?

POPスタンドワンタッチ式37-230は記事アップ日(2021年2月11日)の価格で、税込1,716円ほどが安い価格帯となっています。

実際に購入した方の口コミ評価を調べてみました。まずはマイナスポイントとなる点をあげてみます。

「高さの調整も簡単だが、もう少し長くできたら良かった」
「腕の長さも調節できたら良い。設置台数が多いのでもう少し安くなったらうれしい」
「もう少し高さを低くして、メール便の規格内にしてほしい。送料がやや高い」

送料が660円なので合計で2,500円ほどになりますから、本体の価格を考えると割高感はあるかもしれません。支持するレビューは以下の通りです。

「グリップ力もそこそこ強いため、非常に使いやすく満足」
「商品はしっかりした作りで扱いやすい。裏に両面テープを貼り、固定して使用している」
「コロナ対策でレジ前に置けるスタンドを探していて購入。高さが変えられるのと軽いのが良い」
「A3サイズのポスターが飾れる卓上用スタンドを探していた。組み立ては台座に回して差し込むだけで簡単。安定している」
「台座と支柱も分解できるので収納スペースを取らず、持ち運びに便利」

職場環境によってはサイズがもっと大きかったり、小さかったりしたらいいというケースもあるようですね。

現場で使うサイズを確認のうえ、購入するのが間違いなさそうです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
過去最大の災害と呼ばれる天災が世界中で頻発しています。自分や家族を守るための減災知識や、いざというときに家庭でできる備えやグッズなど、評価の高いものから調べて掲載しています。なにかが起きるまえに、ぜひ準備してくださいね。

Copyright© 家庭の備えと防災対策 , All Rights Reserved.